アメリカ配偶者ビザ申請

【アメリカ配偶者ビザ申請】あると超便利!面倒臭いビザ申請におすすめアプリ4つ

配偶者ビザを申請するには莫大な数の書類を集めなきゃいけない。やる事が多すぎて全部覚えておくのは到底無理。

超絶面倒くさがりな私がここ約4ヶ月書類集めをしてきて、重宝してきたアプリがいくつかある。この便利なテクノロジーがなかったら、ビザ申請なんて面倒くさすぎて投げ出してると思う。

今回は私がビザ申請をするなかで使っている便利アプリをシェアするよ。

 

 

グーグルフォト

配偶者ビザ申請する時に、ふたりが写っている写真を提出する必要がある。

これは、その写真の準備をする時に便利なアプリ。パートナーとお互いに撮った写真を共有できる。

ジョナと私はこのアプリを使って写真をシェアしながら、どれを提出するか選んだよ。

このグーグルフォトではフィルターをかけたり、簡単に写真を修正する事もできる。

 

 

グーグルドライブ

ビザ申請するには莫大な量の書類を集めなきゃいけない。弁護士とやり取りしているうちにいろいろなファイルが送られてきたりもする。

私たちはその書類やファイルを整理して、ふたりでシェアして観覧するためにグーグルドライブを使っていた。

きちんと整理しておけば、「あのファイルどこにあるんだっけ?」ってイライラするのを防げるよ。

 

 

ドロップボックス

このドロップボックスは携帯電話に入れておく事をオススメするよ。なぜなら、ドロップボックスのアプリで書類の写真を撮影すると、PDFファイルとして保存できる

ビザ申請に必要な書類をEメールなどに添付して送りたいときに使える。私は自分で集めた書類を弁護士にメールで送ってチェックしてもらうために使っていたよ。

 

 

エヴァーノート

あの書類をいつまでに申し込んで、この日に弁護士と電話ミーティングがあって、などなどビザ申請するには本当にやる事がいっぱいある。

やる事が多すぎて頭がパンクしないように、このエヴァーノートで「やる事リスト」を作って管理してるよ。そして、メモしたノートをパートナーとシェアすれば、お互いにリマインドしあえる。

 

 

まとめ

私は相当な面倒くさがり屋だから、こういうアプリを使ってちょっとでもビザ申請を進めやすくしているよ。やる事や集めなきゃいけない書類がいっぱいあって発狂しそうだけど便利なアプリを利用して乗り切ろう。

 

 

ABOUT ME
Avatar
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。