アメリカ配偶者ビザ申請

アメリカ人と国際結婚?配偶者ビザとフィアンセビザのメリットとデメリット

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では「アメリカ配偶者ビザとフィアンセビザのメリットとデメリット」をご紹介したいと思います。

アメリカ人のパートナーがいて、アメリカへの移住を考えてる時に迷うのが「配偶者ビザ」と「フィアンセビザ」どちらを申請するべきかという事ですよね。

私とジョナもどちらを申請するべきかよくわからなかったので弁護士に相談しました。

あわせて読みたい
アメリカ人と国際結婚!私が配偶者ビザ申請に弁護士を雇った3つの理由みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、「私が配偶者ビザを申請するのに弁護士を雇った理由」につ...

私たちの状況だと「配偶者ビザ」を申請するのがベストな選択という事だったので、現在配偶者ビザを申請中です。

ジョナのお兄ちゃんも、オーストリア人との国際結婚でしたが、彼らは「フィアンセビザ」を取得していました。

これからパートナーとアメリカ移住を考えてるカップルのために、私たちが雇った弁護士からのアドバイスや、ジョナ兄カップルから聞いた話、私がしたリサーチをもとに「配偶者ビザ」と「フィアンセビザ」のメリットとデメリットをまとめたからシェアしたいと思います!

配偶者ビザのメリット

  • 入国後すぐにグリーンカードがもらえる
  • 入国後すぐに働ける
  • 入国後すぐに国外に行ける
  • ふたりの関係の証明になる

1:入国後すぐにグリーンカードがもらえる

配偶者ビザを取得する1番のメリットとは、「入国後すぐにグリーンカードがもらえる」ということ。私たちが配偶者ビザを申請すると決めた1番の理由です。

フィアンセビザでアメリカ入国して結婚した場合は、グリーンカード取得に半年〜1年ほどかかるようです。

2:入国後すぐに働ける

グリーンカードがあればすぐに働き始められます。

グリーンカード無しでは働けないのでこれはかなり大きなメリットだと思います。

仕事せずに1年間過ごすのって勿体無いし、働くという選択しが無いのは良い気がしないですよね。

その点は配偶者ビザで入国すれば心配いりません。

3:入国後すぐに国外に行ける

グリーンカード申請中はアメリカ国外に行くのが難しいです。

でも、配偶者ビザならすぐにグリーンカードが手に入るので何かあってもすぐに日本に行く事ができるので安心。

グリーンカード申請中でもアメリカ国外へいける手続きがあるようですが、それも結構時間がかかるようです。

4:ふたりの関係の証明になる

フィアンセビザ、配偶者ビザ関係なしに、ビザ取得の際に重要なのが「ふたりの関係の証明」です。

配偶者ビザを申請するにはすでにアメリカ国外で結婚している必要があります。

すでに結婚しているというのは、婚約者というステイタスよりも信用される「ふたりの関係は本物だ」という証明になります。

フィアンセビザのメリット

  • 申請にかかる時間が短い
  • 結婚している必要が無い

1.:申請にかかる時間が短い

フィアンセビザは配偶者ビザに比べて、取得までの時間が約2、3ヶ月短いので、その分パートナーと離れている期間も短くなります。

2:結婚している必要が無い

配偶者ビザを取得するにはにはすでに結婚している必要がありますが、フィアンセビザ取得にはその必要はありません。

配偶者ビザのデメリット

  • すでに結婚している必要がある
  • 入国審査が厳しい
  • ビザ取得に時間がかかる

1:すでに結婚している必要がある

配偶者ビザは、アメリカ市民の配偶者のためのもの。

だから、この配偶者ビザを申請するにはアメリカ国外ですでに結婚していなければなりません。

私たちは配偶者ビザを取ると決めた時点ではまだ結婚していなかったから、結婚の手続きから始めました。

2:入国審査が厳しい

アメリカに入国する際に、アメリカ市民と結婚しているというのは厳しい入国審査を受ける可能性があります。

あわせて読みたい
ビザ申請前にアメリカ入国拒否?!入国審査で別室送りにされ泣いた話みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、アメリカに入国しようとしたら入国審査で別室に連れて行か...

3:ビザ取得に時間がかかる

配偶者ビザはフィアンセビザに比べて約2、3ヶ月長くかかります。

あわせて読みたい
アメリカ配偶者ビザ申請の流れとかかった期間【2018-2019年】みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、私が実際にアメリカ配偶者ビザを申請してみての流れや、か...

フィアンセビザのデメリット

  • グリーンカード取得に時間がかかる
  • 配偶者ビザより費用が高い
  • すぐに働けない
  • すぐに出国できない

1:グリーンカード取得に時間がかかる

フィアンセビザで入国した後も、90日以内にマリッジライセンスを取得して結婚しなければなりません。

その後にグリーンカード申請となるので、入国してからグリーンカード取得まで半年〜1年ほどかかります。

2:配偶者ビザより費用が高い

配偶者ビザ取得よりもプロセスや提出書類が多く、費用も高くなります。

3:すぐに働けない

グリーンカードがもらえるまでは働けません。

ジョナのお兄さんのパートナーは、グリーンカード待ちの間でも働けるように手続きをしたそうですが、その手続きも長い時間がかかり結局先にグリーンカードが送られてきたようです。

4:すぐに出国できない

グリーンカードがもらえるまでは、アメリカから出国するのは難しいです。

まとめ

政治の情勢によっても状況が変わりますが、2018年現在はフィアンセビザも配偶者ビザも取得までには約1年ほどかかります。

配偶者ビザとフィアンセビザの大きな違いは、入国後のグリーンカード取得にかかる時間と、ビザ申請前に結婚しているかしていないかという事。

私たちは、今はどうせどちらのビザ申請もすごく時間がかかるんだったら、入国後すぐにグリーンカードがもらえるというのは大きなメリットだから配偶者ビザを取ることにしました。

あわせて読みたい
【アメリカ人と国際結婚】2018年版フィアンセビザ・配偶者ビザ比較K1ビザとCR1ビザの違いがわからんという人のために違いを詳しくまとめました。...
ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。