国際恋愛

マッチングアプリTinderで実際に会って後悔した外国人男性の例

みなさんこんにちは、元プロTinderプレイヤーkiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では「マッチングアプリTinderで実際に会って後悔した外国人男性」のお話をしたいと思います。

 

マッチングアプリとは便利なもので、自分の条件に合っている人に絞り込んで好みの人を探すことができます。

そして、普段出会う事はないけど外国人と出会いたいという方にもおすすめです。

私は、Tinderを利用して今のパートナーに出会いました。

あわせて読みたい
出会いはTinder!アメリカ人夫と国際結婚に至るまでの馴れ初め最近は日本でもこのマッチングアプリ「Tinder」の利用者が増えてきている。 真面目な出会いを探している人、カジュアルデートの相手...

 

私はだいたい3〜40人ぐらいの外国人男性と実際に会いましたが、Tinderでの出会いはいい思い出ばかりではありませんでした。

kiyomi
kiyomi
人生山あり谷ありだからね。

写真よりおっさん

女性もメイクやアプリで自分のプロフィール写真を盛りますが、自分をよく見せたいのは女性だけではないようです。

私が実際に出会った男性のうちの数名は、おそらく10年ぐらい前に撮影されたと思われる写真をプロフィールに載せていた人がいました。

kiyomi
kiyomi
待ち合わせで本人かすらわからんかった

 

私は、別におっさんを否定しているわけではありません。

お友達になる分には、人生経験豊富なおっさんは会話の内容も濃く楽しいのです。

が、私が探していた年齢層とは違ったので、がっかり感は否めません。

kiyomi
kiyomi
今でも友達関係が続いているおっさんもいるよ

 

当時の私はなんとなく「年齢を聞くのは失礼かな」と思っていましたが、今となれば別にダイレクトに質問してもよかったなと思っています。

 

マッチングアプリとは要するに、自分の探している条件に合った人を見つける為のアプリなので、そこは躊躇しなくてもいいと思います。

トークがくそつまらん

私が一番苦手なのがこの「話がくそつまらん」タイプ。

これ、メッセージのやりとりだけではなかなか判断しにくいんですよね。

 

メッセージ上だと、会話のリズム感とか、うまくキャッチボールできるかわからないんです。

 

あと、そもそも会話の内容が薄っぺらくてつまらない人にも何度か会いました。

こっちから何か質問しても、一言で返してきて会話が行き詰まり気まずい沈黙が流れるというパターンも。

kiyomi
kiyomi
私に興味なかったのかな??

 

 

ひどかったのが、私が何か質問しない限り一切何も言わない人に会った時ですね。

その時は、申し訳ないけど耐えられなかったので、会って30分後ぐらいに「トイレに行く」と言ってそのまま帰りました。

kiyomi
kiyomi
それ以外の対処法を思いつかなかったんだよ…

身長が低い

見た目や背の高さで人をジャッジするのは良くないのはわかっています。

が、私は昔から自分のがっちりした体型にコンプレックスがある為、デートする男性は自分より背が高い人を選びたかったのです。

kiyomi
kiyomi
身長は写真で判断するの無理じゃーん!

 

でも、これも年齢と同じでダイレクトに質問するのは本当に気が引けてできなかったんですよね。

 

こればかりは毎回ギャンブルでした。

変態野郎

私自身がTinderを利用していて、ガチな変態に会ってしまったのは2回だけです。

 

ひとりは、待ちあわせして早々に、

「やっと会えたね!Can I touch your face?(君の顔を触ってもいい?)」

と言っていきなり私の顔をベタベタ触りだした男性。

 

もうひとりは、「デートしている間はDaddyと呼んでくれ」と謎の要求してきたシングルファザー。

 

私が以前に遭遇した変態に比べればまだ可愛い方ですね。

あわせて読みたい
イエローフィーバーに要注意!日本人女性に近寄る変態野郎【実体験】『イエローフィーバー』とはアジア人女性が好きな変態野郎たちのことです。私の恐怖体験をみなさんとシェアします。...

 

まとめ

以上、「Tinderで実際に会って後悔した外国人男性の例」でした。

  • 写真よりおっさん
  • トークがくそつまらん
  • 身長が低い
  • 変態野郎

外国人男性に限った話ではありませんが、実際に会ってみるとがっかりする事もありますよね。

そんな気持ちはちゃっちゃと切り替えて次の素敵な出会いを探しましょう!

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください