Life of Kiyomi

タトゥーを入れて後悔しないために私がいろいろ悩んだこと

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では、私がタトゥーを入れるにあたってタラタラといろいろ考えたり、悩んだことについてお話したいと思います。

 

私は最近、私の人生で2つめとなるタトゥーを入れようかどうしようかグダグダ悩んでいました。

ですがいろいろ考えた結果、やっぱりタトゥーを入れることに決めた!!

この結論に到るまでに悩んだことや考えたことについて、つらつら述べます。

kiyomi
kiyomi
ちょっと長くなるよ

なぜタトゥーを入れたいのか

タトゥーを入れようかどうしようか悩んでいた時に、一番最初に冷静に考えてみようと思ったのが「自分はなぜタトゥーを入れたいと思っているのか」ということについて。

なぜ私はタトゥーを入れたいという思考になったのか、考えてみた。

アメリカに移住する

私は現在アメリカに移住するためのビザを申請中。

1年近くかかったビザ申請ですが、もう少しでビザがおりそう!

あわせて読みたい
アメリカ配偶者CR1ビザ申請のプロセスとかかった期間【2018年】みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、私が実際にアメリカ配偶者ビザを申請してみての流れや、か...

 

アメリカにもタトゥーに反対する人や嫌悪感を示す人もいます。

ですが、日本に比べるとピアスやタトゥーに関してはオープンな雰囲気があります。

タトゥーやピアスがあると日本で仕事を見つけるのはちょっと難しいですが、アメリカではそこまで問題ではなさそう。

このアメリカ移住を機会に、記念の意味もこめてタトゥーを入れてもいいかなと思いました。

アクセサリーとして

私はおしゃれするのは好きなのですが、ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーはあまり好きではありません。

なぜなら、付け外しが面倒臭いしひっかかって邪魔だから。

でもタトゥーは、取り外す必要もないし服に引っかかることもない。

純粋にアクセサリーとしてタトゥーを入れたいと思いました。

メッセージとして

平成も終わるし、アメリカ移住もすることだし、人生の節目に今までの人生で学んできたことを自分へのメッセージとしてタトゥーという形で残しておきたいなと思った。

あわせて読みたい
アラサーになった私から20歳の自分へ伝えたい12のメッセージみなさんこんにちは、kiyomi(kiyomin00)です。 私は今現在28歳のアラサーです。 ここ数年は、計画的に貯金もで...

すでに1つ入ってるけど特に問題ない

私はくるぶしのあたりに小さなタトゥーがすでに入っていますが、現在まで仕事を探したりという日常生活において特に問題はありませんでした。

そのタトゥーの存在に気づいてない人も多い。(親も知らない)

だから、小さくてシンプルなタトゥーなら特に問題ないんじゃないかと思います。

デメリットやリスクについて

タトゥーを入れることで起こるデメリットやリスクについても考えました。

献血はできない

タトゥーが入っている人、鼻ピアスなど粘膜にピアスがあいている人は献血できません。

私は鼻ピアスもあいているので、完全に献血NGですね。

アレルギー

タトゥーのインクでアレルギー反応が起きる可能性もあります。

もちろんパッチテストはしますが、前回タトゥーを入れた時は問題なかったから大丈夫かなと。

他人の評価

気にしないようにしていますが、人からの評価はやっぱり気になってしまいます。

特に家族からの反応。

私の両親はピアスやタトゥーについてはあまり肯定的ではないので、あまり大胆に入れると怒られそう。

感染症

タトゥーは皮膚に傷を付けて施術するので、不衛生な環境で行われれば感染症のリスクもあります。

あわせて読みたい
性感染症の恐怖!アメリカ人彼氏と一緒に性病(STD)検査を受けた話みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では「アメリカ人パートナーと付き合い始めてふたりで一緒に性感...

歳をとると劣化する

加齢にだけは逆らえません。

歳をとると皮膚もしわしわになるし、タトゥーそのものも劣化します。

でも、将来「やっぱりタトゥー入れておけばよかったな」と後悔するよりは、入れたほうがいいかなと思います。

考えが変わるかも

今はこのタトゥーのデザインが好きでも、将来好みが変わってもう好きではなくなってしまうかも。

将来、考え方が変わってタトゥーはダサいと思うようになるかも。

すげー小さいやつだから、いざとなればレーザーで消す。

まとめ

以上、私がタトゥーを入れて後悔しないためにいろいろ悩んだことでした。

体にずっと残るものなので、なぜ入れたいのか、どんなデザインがいいのか、リスクについて熟考してからタトゥーを入れたほうがいいねです。

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。