アメリカ生活

歯のホワイトニングに効果があったおすすめのアメリカ製品

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

日本でも最近は歯のホワイトニングに気を使う人が増えてきていますよね。

アメリカでは、日本以上に歯並びや歯の白さを気にします。

歯並びや歯の白さが家庭環境の良さを示す物差しになるので、多くの人が子供のうちに歯列矯正をして歯並びをまっすぐに整えます。

なので、アメリカの薬局ではたくさんのホワイトニング商品が棚に並んでいます。

日本でもネットで購入できるのもがあるので、私が実際に使ってみて効果があったホワイトニング商品をご紹介したいと思います。

ホワイトニングテープ

私が試したものの中で、いちばん効果があったものがクレストのホワイトニングテープです。

これは薬剤の染み込んだテープで、歯に直接貼って30分ほど放置するだけなので自宅でも簡単にホワイトニングできるというもの。

忙しくて歯医者に通ってホワイトニングする時間がないという人でも、自分で定期的にホワイトニングできるのでクレストのホワイトニングテープはおすすめ。

痛みは?

人によっては薬剤がしみて痛いと感じる人もいると思います。

歯茎にテープがつくと焼ける感じがしてひりひりするので、歯茎にはくっつかないように注意が必要。

私も最初の2、3回はテープを貼っている間のひりひり感が結構気になりましたが、慣れてくると気にならなくなりました。

何回で効果が得られるの?

2、3回使っただけでは特に大きな変化は見られず、ん?本当に効果があるのかな?という感じ。

5、6回と続けて使用するとホワイトニング効果が実感できるようになります。

 

LEDライト

ホワイトニングテープの効果をさらにアップさせたいという人にはLEDライトも試す価値あり。

ホワイトニングテープを貼った上からLEDライトを当てます。


歯磨き粉で知覚過敏を防ぐ

歯のホワイトニングをすると知覚過敏になり冷たいものや熱いものを食べた時にしみて痛みを感じることもあります。

なのでホワイトニングをするときは視覚過敏予防がとても大事。

マウスウォッシュ

せっかくホワイトニングをして歯が白くなっても、気をつけないと普段飲んでるコーヒーや赤ワインなどのステインでまた歯は黄ばんでしまいます。

歯磨きの後にマウスウォッシュでうがいをすると、歯がコーティングされステインが付着しにくくなります。

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。