日本社会

「日本社会は自分に合わなすぎて辛い…」と感じる理由8つ

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では、「日本社会は自分に合わない」と感じる理由についてお話したいと思います。

 

私と同じように感じている人は結構多いと思うので、共感を得られたら嬉しいです。

 

誤解してほしくないのは、私は日本が嫌いなわけではありません。

kiyomi
kiyomi
日本には家族もいるし、やっぱり自分日本人だし。

 

でも、「ここが改善されたらもっと生きやすくなるのにな」と思う点はたくさんあります。

見た目で判断される

日本社会は欧米社会と比べて、見た目で人を判断する事がとても多いです。

日本では、求人に応募する時の履歴書に顔写真を貼らないといけませんが、アメリカで履歴書に顔写真を貼る事を要求することは違法です。

kiyomi
kiyomi
外見で判断するのは差別とみなされ一発アウト。

 

私は耳と鼻に合わせて7つピアスをつけていて、小さいけどタトゥーもあります。

もうこの時点で私の事をまともに取り合ってくれる日本人は少ないです。

kiyomi
kiyomi
別に誰にも迷惑かけてないのに…

 

ただ自己表現しているだけなのに、なぜここまで窮屈な思いをしなければいけないのでしょうか?

 

周囲の目が気になる

日本人は良くも悪くも、自分より他人を優先します。

なので、他人の服装や仕草、言動をとても気にしていて、それについて批判だってしてきます。

そのせいで、他人が自分の事をどう思っているのかとても気になりますよね。

 

周囲の意見を気にして、自分がやりたい事ができなくなるというのは本当に息苦しいです。

 

アメリカ人なんかは、「常に自分優先」という考えが根本にあるので周囲の事は気にしません。

kiyomi
kiyomi
絶対空気読んだりしない

 

意見交換ができない

上にも書きましたが、日本人は周りの目をとても気にするので自分の意見を言う事にすら臆病になっています。

そこに何か問題があったとしても、誰も「これおかしいよ!」と発言しようとはしません。

もしそこで何か言おうものなら、周囲からの「お前空気読めよ」的な痛い視線を感じます。

kiyomi
kiyomi
あー、本当イライラする

 

そもそも、自分の意見を持つという事を学校でも教わらないし、意見を言ったところで批判されるだけだから日本人は自分で考える事もできなくなっているように思います。

 

 

皆同じでいる事を求められる

学校の制服にしても、社会人のスーツにしても、皆で同じ格好をさせられます。

kiyomi
kiyomi
ただの囚人服にしか見えない

 

私のような人間は社会から仲間外れにさています。

なぜなら皆と同じでいられないから。

 

自分の意見すら言えない、好きなファッションも批判される。

kiyomi
kiyomi
ナニコレ?

 

男女差別

男女差別というか、男尊女卑の風習が残る日本社会。

女性というだけで、見た目で判断され、しかもブスとかデブとか平気で侮辱されます。

あわせて読みたい
外国人男性にモテる「ブスな日本人女性」の私がひとこと言いたい!私が、外国人男性にモテてしかも外国人パートナーがいるブスな日本人女性代表としてズバリ一言言ってやりますね。...

 

雑誌やメディアでは「男ウケ」や「モテ」という言葉を頻繁に見かけます。

 

kiyomi
kiyomi
なぜいつも男性基準なの?

 

あわせて読みたい
フェミニズムを学んで日本の男女差別を撲滅するフェミニズムについて学び知識をつける事で、日本の男尊女卑という風習をなくせるのではないかと考えています。...

 

絶対服従の上下関係

中学校入学の時点で、たった1年先に入学した”先輩”には絶対服従させられます。

kiyomi
kiyomi
例えそいつらがどんな馬鹿で理不尽な奴らだろうとね。

 

上司、先輩の言う事は絶対。

そしてその立場を利用していじめやパワハラが横行してる。

kiyomi
kiyomi
人間みんな平等なんですけど

 

個人が尊重されない

日本の文化では、「団体の調和」とか、「社会のまとまり」みたいなものがとても尊重されています。

それは良い事だし、日本が他の国に比べて安全な理由でもあります。

でも、それも度を越すとただ息苦しいだけになります。

kiyomi
kiyomi
集団行動めっちゃ苦手

「和を尊ぶ」という言葉の本来の意味は、実は「角をたてずにみんな仲良く」ではありません。世の中には誤解している人が多いのですが、「和をもって貴しとなす」の意味は、「立場や価値観の違いは尊重した上で、共通の目標のために力を出し合う」ということなのです。「和」を大切にというのは、「みんなの価値観を全て同じにしよう」ということでは決してありません。

出典元:和魂美才

 

多様性の無さ

いろいろな面で、日本には「多様性」がかけています。

「美しさの基準」にしろ、「人生設計」にしろ、誰かが決めた基準に沿っていないものは排除されます。

モデルのような見た目でないとブスと呼ばれ、大学を出て一流企業に勤めていないと負け犬と呼ばれる。

kiyomi
kiyomi
もっとのびのび生きたいな

 

まとめ

以上、私が「日本社会は自分には合わない」と感じる理由8つでした。

  1. 見た目で判断される
  2. 周囲の目が気になる
  3. 意見交換ができない
  4. 皆同じでいる事を求められる
  5. 男女差別
  6. 絶対服従の上下関係
  7. 個人が尊重されない
  8. 多様性の無さ
あわせて読みたい
【日本社会っておかしいよ!】日本がすごく生きづらい理由トップ3!みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、「日本がすごく生きづらい理由」についてお話します。 ...
ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください