国際恋愛

アメリカ人夫と結婚して良かった!と思った瞬間5つはこれ

 

最近アメリカ人のパートナーと結婚したばかりで、今一緒に住んでて不満は全然ないんだけど、

それでもたまに思うのは、ひとり暮らしって本当楽だよねってこと。

トイレのドア締めなくて良いし、散らかしても片付けなくて良いし、食事の時間も気にしなくて良いし。

 

そんな自由奔放なひとり暮らしが恋しくて、一瞬マリッジブルーになった。

こりゃいかんと思って、「結婚して良かった!」と思う瞬間を書いてみたよ。

 

 

面倒なTAX申請をやってもらえた

私はとにかく面倒な書類関係のことをするのは超苦手。

すぐイライラして投げ出したり後回しにしたりする。

 

ビザの申請も本当に面倒くさすぎて、最近はストレスでお肌が荒れてるよ。

 

だからTAX申請なんてもうやる気ゼロだったけどジョナが全部やってくれた。

これは本当にGood Job!

 

こういうTAX申請みたいな事は考えただけでも面倒くさすぎてハゲそうな私だけど、ジョナはその正反対で、結構好きらしい。

 

本当、私がしたくない事を進んでやってくれるパートナーで良かったわ。

 

ゴミ出ししなくていい

ゴミ出すのも本当面倒臭いんだよね。

重いし、寒いのに外に出なくちゃいけないし。

 

でも、ジョナはゴミ出しも好きらしい。

「外に出て新鮮な空気を吸って気分転換になるから」だって。

超ポジティブ。

 

という事で、私はゴミ出ししなくて済む。

 

 

料理をしなくていい

 

仕事から帰ったら夕飯が用意されている。

これ最高。

 

ただ、私たちは料理をしなかった方が食器を洗うルールだから、料理しないときは洗い物しなきゃいけないんだけどね。

それでもひとりでどっちもやるよりは100倍良いよね。

 

 

壊れたものを直してもらえる

壊れたカーテンとかブーツとか自転車とか。

修理に頼んだらお金取られるけど、ジョナが直してくれるからただ。

 

自分じゃ直せないものも直してもらえるし、これはめっちゃ感謝。

 

ちなみに、ジョナは壊れたものを直したりするのも好きらしいよ。

だからいろんな道具を持ってるんだけど、狭いアパートの半分のスペースを占領しているよ。

 

 

とりあえず面倒な事はしてもらえる

よく考えると、私が面倒臭いなと思う事はだいたいなんでもやってもらってる。

掃除機かけたり、航空券予約したり、加湿器に水入れたり。

ちょっとした事なんだけど、私はこういうのすっごーく面倒に感じる。

それに対して、ジョナは全然苦じゃないらしい。

 

これは正しく正反対のパートナーをもつメリットやね。

良いパートナーを選んだなと思うわ。

 

 

まとめ

ひとりで生活するっていうのも魅力的だし、そういう選択肢もあったなとは思うけど、

やっぱり総合的には結婚して良かったと思う。

 

生活の質も前よりかなり良くなったし。

良い方向に人生進めてると思う。

https://puffymelon.com/2018/01/20/post-1023/

 

約2ヶ月後にはまた1年間の遠距離に戻っちゃうから、その時に思う存分ひとり行動を楽しむわ。

 

ABOUT ME
Avatar
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。