フェミニズム

旅好きミニマリスト女子に捧ぐ!!ノーブラになるメリット4つ

旅好き女子のみなさんこんにちは、ノーブラ推進大使のkiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では、旅が好きな女性にこそ知ってほしい「ノーブラのメリット」を紹介したいと思います。

kiyomi
kiyomi
ノーブラ最高だよ!!

 

ミニマリスト旅人にとって一番の課題は「如何に少ない荷物で旅するか」という事。

荷物を減らすとなった時に、意外と盲点となっているのがブラジャーです。

ブラジャーって、パッキングする時にすごくかさ張ってスーツケースやバックパックの容量を占領しますよね。

バックパッカーの必殺技、「洗濯物は手洗い」も「ブラジャーがなかったら楽なのになー」と思った事はありませんか?

 

そんな悩みは「ブラジャーをしない」という事で全て解決されますよ!

今回は、実際にノーブラを実践している私が発見した「ノーブラのメリット4つ」を紹介します!

お金を節約できる

ブラジャーって、めちゃくちゃ高くないですか?

見た目がオシャレなものや、もりもりに盛れるものだと本当にびっくりしちゃうぐらい高い!

旅好き女子としては、「え、これ買うお金でちょっと良いホステルに一泊できちゃうじゃん!」と思ってしまいます。

日本人女性は平均すると、年間で12,965円も下着にお金をかけているそうです。

ブラジャー:価格帯は2000~3000円がトップ。枚数の平均は2.7枚。
ショーツ:価格帯は500~1000円がトップ。枚数の平均は4.6枚。

「3000円×2.7枚」+「1000円×4.6枚」=12,700円になるのでだいたい合っていますね。

出典元:CanCam.jp

ブラジャーで谷間を盛るより、そのお金で本を買ったり旅行したりして、中身を盛りましょう!

kiyomi
kiyomi
谷間で釣れる男なんて大した奴じゃないわよ。

洗濯物が減る

バックパッカーは、旅行中の無駄な経費は1円でも節約したいですよね。

でも、意外と高いのがコインランドリー。

なので、多くの人が洗濯物は手洗いするかと思います。

私も貧乏バックパッカー時代は洗濯物は全て手洗いでした。

そこで厄介なのがブラジャー。もりもりに入ってるパットとかワイヤーとか、めっちゃ洗いづらい!!

 

面倒臭い洗濯物はちゃちゃっと終わらせて現地のオシャレなカフェでも開拓したいですね。

 

荷物が減る

私が旅好き女子にノーブラをすすめる1番の理由がこれ。

特にワイヤーが入っているブラジャーって小さく折りたたむ事もできないし、無理に押し込んだとしても型崩れしちゃわないか心配ですよね。

ノーブラで旅すれば、こんなパッキングの煩わしさからもおさらばでき、ミニマリストとしてステップアップできます。

それに、ブラジャーを取り除いて余裕ができたバックパックにいつもより多めにお土産を詰める事ができます!

この上ない開放感

そして何より、ブラジャーしてると締め付けられて苦しい。

kiyomi
kiyomi
みんなきついから家に帰ると速攻ブラジャー外すでしょ?

 

ノーブラなら、ワイヤーが当たって痛いとか、ゴムに締め付けられたりとか、背中に食い込んでた跡から解放されてストレスもミニマルに

煩わしい洗濯物やパッキングなどからも解放される。

「でも乳首が透けて見えたら恥ずかしい」と思うかもしれませんが、日本から出ちゃえばノーブラ女子はいっぱいいます!

kiyomi
kiyomi
私も最初はもじもじしちゃったけど慣れた

 

海外セレブの間ではわざと乳首を見せるオシャレが流行っています。

 

ノーブラになれば物理的にもストレスフリーだけど、「乳首が透けてるぐらいどうでもいいじゃん!」と社会の面倒臭い常識とか人の目とかも気にしなくなって精神的にも開放感を得られる。

kiyomi
kiyomi
NO BRA NO STRESS

 

まとめ

以上、「旅好き女子がノーブラになるメリット4つ」を紹介しました。

  • お金を節約できる
  • 洗濯物が減る
  • 荷物が減る
  • この上ない開放感

次の旅には思い切ってブラジャーを持たずに行ってみては?

ヨーロッパやアメリカなど欧米の国では結構ノーブラは普通だから気にならないよ。

 

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。