トロント

マイナス10℃は当たり前!トロントの冬はこうやって楽しむ

カナダは白クマの生息地というだけあってかなり寒い。

私とジョナが住んでるトロントはカナダの中ではまだ比較的暖かい方だけど、

マイナス10℃なんて余裕で下回るよ。

 

クリスマスの時期にモントリオールに旅行に行った時には、マイナス25℃というのを生まれて初めて体感した。

それ以来体がおかしくなったのか、0℃を越えると暑くて汗かくようになった。

 

私は以前は大の冬嫌いだったんだけど、今は「冬も楽しいじゃん!」と思う。

今回は、そう思えるようになったトロントでの冬の楽しみ方を紹介するよ。

 

 

カフェ

 

トロントにはいっぱいカフェがある。

パソコンで仕事したり、勉強や読書にはもってこい。

 

私たちが住んでるアパート、極寒なんだよね。

暖房はついてるけど、窓がでかくて冷たい空気が入ってくる。

寒い家にいるよりは、近所のカフェに避難する。

私がいつも行くのはこの「Plentea」

Plentea

  • 1205 Queen St W, Toronto
  • (647) 351-8321

 

めっちゃうまいTeaLatteが飲めるよ。

おすすめは、Soy Chocolatechip Chai Latte。

 

 

そして、2階には大きい共用のテーブルが2つあって、パソコンを広げて作業しやすい。

快適なWiFiもある。(コンセントがあったかは覚えてない。)

 

壁には、上に載せた写真みたいな素敵な何かが色々飾ってある。

 

 

ボタニカルガーデン

寒いから屋外には居たくないけど、何かしたいという時にボタニカルガーデンはいかが?

広い温室のなかで、カラフルなジャングルを探検できるよ。

 

サボテンやバナナが健康に育ってる気温だから、真冬でも暖かい。

 

カメラをもって写真を撮りに行けば2、3時間は退屈しない。

カメと鯉も見れるよ。

Allan Gardens

  • 19 Horticultural Ave, Toronto
  • (416) 392-7288

 

読書

寒い時は外に出よういうモチベーションが1ミリもない時が多々ある。

そういう時はただひたすら家に引きこもって本を読む。

 

でもカナダとかアメリカって新品の本がバカ高いんだよね。

だいたい$15ぐらいする。

 

そこで私がよく利用するのが、古本屋。

この「BMV」というお店。

BMV

  • 471 Bloor St W, Toronto
  • (416) 967-5757

新品のだいたい半額の$7前後で本が買えるよ。

コンディションも悪くないし、最近出た本でも安く売ってる。

 

アート

「読書でもう目が疲れたわ」

「でも冬はまだまだ長い」

「外は寒いけど家に居てもつまらない」

という時、何か創作活動でもしてみては?

 

絵を書いたり、編み物をしたり。

クラフト用品はどこにでもある「DALLARAMA」で安く揃えられるよ。

 

クオリティーは高くはないけど、アイディア次第でなんでも作れる。

暇つぶしにはもってこい。

 

料理

めちゃくちゃ手間のかかる料理を1日かけて作るというのはどう?

 

パンとかオーブンを使う料理はオーブンの熱で部屋もあったまるし一石二鳥。

冬は寒さのせいでか、いつもより食欲が10倍増しでも、家でヘルシーなものを作って食べれば罪悪感減るよ。

 

アイススケート

寒いところならではのスポーツ。

やっぱり寒くても体動かすの大事。

動いてれば寒くないし。

City Hallの前にもスケートリンクがあって、靴もレンタルできるよ。

そこ以外にも「Harbourfront Centre Natrel Rink」という場所も人気らしい。

 

もし将来カナダに移住する事になったら絶対自分用のスケート靴欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。