国際恋愛

英語ができないと国際恋愛では劣勢の立場になる

 

それぞれが違う言語を話す国際恋愛カップルの関係性について考えたので、

それについて書きます。

 

対等な力関係なのか?

この前私の働いているカフェにとあるカップルのお客さんが来ました。

日本人女性-カナダ人男性

どちらも40代前半くらい。

 

女性の方は英語があまり話せなくて、何を言われてもただニコニコするだけ。

(典型的な日本人女性やなと思った)

 

その女性が私が日本人というのがわかると日本語でオーダーをし始めました。

すると男性の方が英語で、

「ここはカナダだから英語で話しなよ!だから君の英語はいつまでも上達しないんだよ!」

と言って会話に入って来た。

 

私は、「確かにここカナダだし英語で話すべきっていうのは正解」と思った。

でも、人前でそこまで威圧的に自分の彼女を叱る必要あるか

(ここで私の笑顔が完全に消える。)

 

もし私が自分の彼氏にこんな風に人前で扱われたら恐らく、

「ちょっと黙って。日本人同士で話す時くらい良いやろ。」って言い返すと思う。

 

でもその女性はそこまで言い返す英語力が無さそうだった。

しかも、日本人女性特有の「言い返さずニコニコする」だけ。

男の方は、彼女に喋らす隙も与えずまくし立て続ける。

私には男性の方が女性を威圧してるように見えた。

 

私はそこで「このカップルの力関係は対等なのか?」と考えた。

 

 

英語を話さない方は劣勢の立場にいるのか?

つまり、今回の場合は「英語が母国語のパートナーと、日本人が英語でコミュニケーションを取る場合は日本人が劣勢の立場になるのか」という事。

アメリカ人の彼氏と英語でコミュニケーションを取っている私の場合は、私が劣勢の立場にいるのでしょうか?

現在の私は、普段のコミュニケーションでも、お互いが譲らず口論になる時でも自分の言いたい事は躊躇なくズバっと言えてるので劣勢の立場にいるとは感じません。

 

でも英語がそこまで話せなかった時に付き合っていた外国人と口論になった時は、言いたい事が言い返せなくて悔しかった事があります。

やっぱり言い返す英語力がないと言いくるめられて口喧嘩では負ける

(口喧嘩で負けたくないってのが私の英語が上達した一番の理由)

 

こう考えると英語が話せない方が劣勢の立場にいるなと思う。

 

 

相手に依存せず生活できるのか?

しかも、英語が苦手でも英語圏で生活している場合は、相手に依存せずに生活できるのか?

もし私にフランス人の彼氏がいたとして、フランスで生活するようになったら、病院とか銀行とかに行く場合、彼に着いてきてもらわないと何もできない。

私は自分の事は助けを借りずにできるように自立していないとストレスを感じる。

 

相手にそういうちょっとした事で依存しないといけないという事は、少なからず2人の力関係に影響すると思う。

 

https://puffymelon.com/2017/12/05/mindset-for-english/

 

 

 

言語の理解度 = 相手についての理解度なのか?

そもそも、言いたい事を言い返せないような英語力で相手の事を理解する事はできてるのか?

私は、同じ言語を話そうと、付き合いの長いパートナーだろうと、せいぜい10%ぐらいしか理解できないと思ってる。

自分自身の事ですら100%理解するのは無理。

 

だとしたら、英語が話せなかったらお互いの事を理解するのなんて無理なのか。

 

 

相手を理解するのに言語は関係無い

でも英語が完璧じゃなくても、第二言語同士のカップルでも上手くいってるカップルはいるので言葉の理解度は相手についての理解度にはあまり影響は無いと思います。

 

私の考えは、「2つの違う脳みそが理解し合うのは不可能。」

2つの全く違う宇宙に住んでいるようなもの。

実際に「相手の言った言葉」を理解してるとか、「相手自身」を理解しているかは関係なくて、自分が相手を理解してると感じるか感じないかの問題だと思う。

 

 

 

 

まとめ

カップルの関係が良好かどうかは個人の性格や人格的な部分が大きく影響しますが、力関係が対等じゃ無く、相手に依存すると良い関係は築けないので、お互いの言語を勉強する努力は大事だと思います。

(そういう私は彼氏に日本語を教えるのは面倒臭くて拒否してるけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
Avatar
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。