日本社会

【日本社会っておかしいよ】大地震が起きても家族を残して仕事に行く

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

6月18日の朝、大阪で震度6弱の地震がありましたね。

電車などの交通機関もとまり、余震の心配もある中、多くの人が歩いてでも仕事に向かう様子をテレビで見ていてある事を思い出しました。

 

3.11東北大震災の混乱のなか仕事に行った父の事を。

 

そして私はこう思いました。

 

kiyomi
kiyomi
日本狂ってるううううう!!

東北大震災の混乱のなか仕事に行った父

私は宮城県出身なので、2011年の東北大震災では私の実家も被害にあいました。

津波で亡くなった親族もいます。

 

そんな状況の中でも、私の父は勤め先の銀行から「仕事に来い」と呼び出されました。

交通機関も麻痺し、壊滅状態の町の中を自転車で2時間かけて仕事に行ったのです。

 

その後3日ほど父は仕事先で寝泊まりし帰ってきませんでした。

残された家族は、父抜きで食料や水の調達に当たらなければいけませんでした。

もしまた大きな余震があって父が帰って来れなくなったらと、不安の毎日を過ごしました。

 

3日後に父はまた自転車で家まで帰ってきましたが、またすぐ会社がタクシーを家までよこし彼を迎えにきました。

震災中は、ガソリンは貴重な資源です。

仕事に行くためにガソリンを使うなら、救急車や食料を供給する車両に使ってほしかったです。

 

何より、父には家にいて欲しかった。

思い出しただけでも、涙が出る事実です。

家族や安全確保よりも仕事

今回の大阪の地震でも、多くの人が余震の心配が残るなか仕事に行きました。

 

 

 

家族や、安全確保より大事な仕事ってなんですか?

そんなもんあるんですか?

 

「この仕事は自分じゃなきゃいけない」

「期限に間に合わせなければいけない」

「みんな休まずに仕事に行っている」

という考えは、震災が起きた時ぐらい捨ててください。

 

そんな仕事誰でもできるけど、あなたの家族にとっての代わりはいません。

期限に間に合っても死んだらなんの意味もありません。

他人が仕事に行こうとどうでも良い。その他人たちはあなたの身を守ってはくれません。

周りの目を気にして休めない

日本人は「周りの目を気にする」という国民病に犯されています。

地震があろうと火山が噴火しようと、「みんな仕事に行ってるから自分も行く」という異常さ。

 

「仕事したくないのは皆いっしょ!自分だけ休んでずるい!」と思われるのを恐れているから「地震後に仕事行くっておかしい」とわかっていても仕事に行くのでしょう。

「自分だけ休んでずるい!」と思う人に私はこう言ってやりたいです。

kiyomi
kiyomi
じゃあお前も仕事行くな!!

 

みんな大地震の後に仕事に行くのはおかしいとわかっています。

そこは会社がなんと言おうと、周りになんと言われようと自己判断で休んでください。

 

会社はあなたの事を守ってはくれません。

あなたが気にしている周りの目もあなたを守ってはくれません。

会社や周りの目より大事なのは家族、安全確保、そして命です。

まとめ

地震や台風の災害が起きているなか、仕事に行って命を落とす事ほど馬鹿馬鹿しいことはありません。

  • 命をかけて仕事に行く価値はありますか?
  • 家族と離ればなれになったらどうするんですか?
  • あなたの身は誰が守ってくれるんですか?

よく考えてみてください。

あわせて読みたい
【日本社会っておかしいよ!】日本がすごく生きづらい理由トップ3!みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、「日本がすごく生きづらい理由」についてお話します。 ...
ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。