アメリカ配偶者ビザ申請

アメリカ配偶者CR1ビザ申請のプロセスとかかった期間【2018年】

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では、私が実際にアメリカ配偶者ビザを申請してみての流れや、かかった期間についてご紹介したいと思います。

ビザ申請って、まず何から始めたらいいのかわからないし、準備しないといけない必要書類も多くてなんだか気が引けちゃいますよね。

私も実際に自分でビザ申請をしてみるまではそう思っていました。

どんな書類を集めて、どんな機関に提出すればいいのか、申請までのプロセスはどんな風に進んでいくのかわからないことばかり。

kiyomi
kiyomi
本当になーんにもわからなかった

 

それに、2018年からは通常よりもビザがおりるまでにかかる期間が長くなっています。

1年以上かかる場合もあるようで、ビザがおりるのを待っている間は途方もなく感じられますよね。

そこで、私が実際に申請してわかった配偶者ビザ申請のプロセスや期間をシェアしたいと思います。

※現在私は、大使館から面接の日程のお知らせがくるのを待っている段階なので、それ以降は随時更新します。

配偶者CR1ビザ申請のタイムライン

プロセス Fee 実際にかかった期間
弁護士を探す(必要な場合) $3500 2週間
I-130パッケージ(請願書)に必要な書類の準備 3ヶ月
USCIS
I-130パッケージ送付 $535
I-130パッケージが受理される 2週間
NOA1(Form I-797C)がEメールで届く
請願書が許可される 5ヶ月
NOA2(Form I-797C)がEメールで届く
NVC
USCISからNVCにケースが引き渡される 1ヶ月
Affidavit of Support Fee支払い $120
IV Application Processing Fee支払い $325
無犯罪証明書を取得 $0〜 1ヶ月
※DS-260、サポーティングドキュメントの準備 1ヶ月
CEACで必要書類提出
CEACで書類が承認される 2週間
大使館
大使館での面接日程の連絡を待つ

※DS-260など、無犯罪証明書を除くNVCに提出する書類はいつでも準備しておくことができます。なので、事前に準備しておくとUSCISからNVCにケースが引き渡された後すぐに提出できて時間短縮になります。

あわせて読みたい
アメリカ人と国際結婚!私が配偶者ビザ申請に弁護士を雇った3つの理由みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、「私が配偶者ビザを申請するのに弁護士を雇った理由」につ...

USCISのプロセス

USCISとは、The U.S. Citizenship and Immigration Servicesの略。

配偶者ビザ申請は、まずこのUSCISにビザ申請請願書(I-130パッケージ)を送ることから始まります。

ビザ申請請願書とは、ビザの本審査の前に「外国人配偶者のためにビザを申請したいんですけど申請の許可をしてもらえますか?」とお願いするもの。

ふたりの結婚が本物であることや、バックグランドチェックなどをして、実際にビザを申請する資格があるか審査されます。

あわせて読みたい
【アメリカ配偶者CR1ビザ】I-130パッケージ必要書類まとめみなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、配偶者ビザ申請請願書(I-130)の提出に必要な書類を...

NVCのプロセス

NVCとはNational Visa Centerの略。

USCISに送ったビザ申請請願書(I-130パッケージ)が許可されると、次はこのNVCにケースが送られます。

NVCのプロセスでは、ビザを取得できるかの本審査が行われます。

アメリカ市民の配偶者の経済状況や雇用状況など、より詳細なバックグランドチェックをします。

大使館のプロセス

NVCでの審査が終わるとケースは日本のアメリカ大使館に送られて、ここで面接の日程が決められます。

面接日程のお知らせが来たら、健康診断を受けます。

最後に、大使館で面接を受けて全てのプロセス終了です!

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。