カナダ国際結婚手続き

【カナダ国際結婚手続き】ついに結婚したよ!セレモニーの様子を紹介

ついにジョナと結婚したよ!

まさか自分がこんなに早く結婚するなんて思ってもいなかった。

 

カナダやアメリカでは、日本と違って書類を提出するだけは結婚できなくて、立会人を立てて「誓いの言葉」を交わすセレモニーを行わないといけない。映画とかで観た事がある人もいると思う。

私たちはトロントのCity Hallでセレモニーをしたから、その結婚セレモニーの様子をシェアするよ。「これから結婚セレモニーがあるから段取りとか知りたい!」って人、参考にしてね。

 

予約した時間にWedding Chamberへ行く

予約した時間通りに、City Hallの中にあるWedding Chamberへ行く。

以下がその時に必要なもの

  • A valid marriage licence
  • Two Witnesses (立会い人)

立会い人は2人必要で、私たちの立会い人はジョナのお母さんと、私の職場の友達だった。

必要なものをもってその場に行ったらWedding Officiantの人と簡単な打ち合わせをする。

  • 指輪交換はするか
  • 部屋の外から入場して始めるか
  • 音楽はどうするか
  • Wedding Vowsの確認

私たちは指輪交換なし。

で、この部屋の外から入場して始めるかっていうのは、セレモニーをする部屋の中に、音楽を流して2人で歩いて入場して始めたいかってきかれる。

これはさすがにtoo muchだと思ったから、私たちはこれはスキップ。

ちなみに、もしその入場するのをやりたいならその時の音楽も自分たちで選べるよ。

あと私たちはオリジナルのWedding vowsをもってたからそれをofficiantの人に確認してもらった。

 

Exchange of Wedding Vows

打ち合わせが終わったら、いよいよ誓いの言葉交わすセレモニーを始めるよ。

ちょっと緊張した。

私はこの誓いの言葉を噛んだらイヤだなと思ったから、事前に練習したよ。

ジョナと私が実際に交わした誓いの言葉はこちら

https://puffymelon.com/2017/12/24/post-881/

 

書類にサイン

「誓いの言葉」が終わったら、立会人と本人が結婚を証明する書類にサインする。

以上でセレモニーは終了。

 

正式にパートナーとなる

私とジョナはこれで正式なパートナーとなったよ!

 

 

 

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。