国際恋愛

あなたの国際遠距離恋愛が辛いのはこの5つの要素が欠けているからだ!!

みなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。

本記事では「この5つの要素が欠けていると国際遠距離恋愛が辛くなる」というお話をしたいと思います。

国際遠距離恋愛をしている人の中には、

彼が浮気していないか心配で何も手につかない

このまま遠距離を続けても先が見えなくて辛い

彼と音信不通になった!どうなってるの?!

という悩みを抱えている人が多くいると思います。

 

私とジョナも結婚前に1年間遠距離恋愛をしていて、結婚後の現在も私のビザが降りるまでは日本-アメリカで離れて暮らしています。

あわせて読みたい
アメリカ人と国際結婚?配偶者ビザとフィアンセビザのメリットとデメリットみなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では「アメリカ配偶者ビザとフィアンセビザのメリットとデメリッ...

ですが、私たちは遠距離恋愛中も特に不安になったり辛いという思いをしませんでした。

そこで、私たちが辛くならずに国際遠距離恋愛を乗り越えられた5つの要素を考えてみました。

コミュニケーション

国際恋愛や遠距離恋愛かは関係なく、恋愛において一番大事なのがコミュニケーション。

このブログでも国際恋愛についての相談を受け付けていますが、たくさんの人から相談を受けて思ったのが「相手と全然コミュニケーション取れてないじゃん!」ということ。

よくある相談が、

「彼の本音がわからなくて不安」

「相手がどう思っているのか気になる」

というものですが、

kiyomi
kiyomi
それって私に相談しても意味なくない?

 

相手の本音はその人本人に聞いてみない限り一生わかりません。

それに、面と向かって本音も聞けないような相手と付き合っていたら辛くなるのは当たり前だと思います。

相手との物理的な距離が離れてしまう遠距離恋愛には不安はつきものですが、その上コミュニケーションまで欠けていたら不安になるのは当然ですよね。

それを避けるために私たちは定期的に、お互いが最近どんなことを考えているのか、何か不安に思っていることはあるかなどを話し合う機会を設けています。

kiyomi
kiyomi
Monthly Updateと呼んでいるよ

具体的にどんなことを話すかというと、

  • 最近不安に思っていること
  • 普段聞きづらいけど聞いておきたいこと
  • 普段言いづらいけど言っておきたいこと
  • 将来のプランについて
  • ふたりの関係で改善するべきこと

などなど。

普段から電話したりメッセージを送りあっていても、意外と肝心な話はできていないものです。

なので、ちゃんと核心をついた話をする機会を意識的に儲けるのが大事ですね。

信頼関係

信頼関係のない遠距離恋愛なんて絶対無理!

相手との信頼関係が気づけていないまま国際遠距離恋愛になると、

「浮気されてるかも(泣)」

「このまま相手に飽きられたらどうしよう(泣)」

「やっぱり私たちはうまくいかないのかも(泣)」

と、不安ばかりがつのり辛くなってしまいます。

しっかりと信頼関係を築くには上でも書いたように、なんでもさらけ出すコミュニケーションが大事ですよね。

「うざがられそうで彼に本音を言えない」というような人は、そもそもコミュニケーション云々の前に信頼関係ができていないんだと思います。

お金

お金で愛は買えませんが、お金がないと相手に会いに行くための航空券買えません。

相手に会いに行けないと遠距離恋愛はかなり辛いです。

 

私たちの場合は、国際遠距離恋愛中は3ヶ月ごとにどちらかの国で会うようにしています。

なので1年間で4回アメリカー日本の航空券を買うとして、

15万円 × 4 = 60万円

こんなにお金がかかります!!(泣)

 

私は遠距離恋愛中は仕事を2つ掛け持ちしていたこともあります。

昼はオフィスで働き、夜もほぼ毎日居酒屋でバイト。

休みは一ヶ月で一回だけなんて事もありましたが、お金は貯まりますよ。

それに、忙しくしているほうが毎日があっという間に過ぎていくので一石二鳥。

航空券だけではなく、国際恋愛はお金かかります。

結婚するとなったらビザ申請やらなんやらにもお金がかかります。

経済的な理由で恋愛がうまくいかなくなるのは辛いですから、貯金するに超した事はないですね。

あわせて読みたい
国際恋愛に必要なのは愛でも英語でもなく金!飛行機代で120万円超えみなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、「国際恋愛に必要なのは愛でも英語力でもなく金だよ!金!...
あわせて読みたい
国際遠距離恋愛中に1年間で100万円貯金した辛いエピソードみなさんこんにちは、kiyomi(@kiyomin00)です。 本記事では、「私が国際遠距離恋愛中に身を削って100万円貯金した辛...

自立心

自分ひとりで人生楽しむ能力がない人には国際遠距離恋愛は辛くて耐えられないと思います。

 

恋人やパートナーがいても、「ひとりでも全然生きていけるわ!」という自立心がないとお互いに依存しあう相互依存の関係に陥りやすくなります。

将来のプラン

将来のプランを立てないまま、だらだらと国際遠距離恋愛を続けて行くのは先が見えなくて辛いです。

「いつまで遠距離恋愛を続けるのか」

「将来的には結婚は視野に入れているのか」

「遠距離恋愛後はどこの国に住むのか」

などなど、具体的にゴールを決めておくといいですね。

私たちは、国際遠距離恋愛は1年間だけで、その後はカナダに一緒に住んで、その後は結婚してアメリカに移住するというゴールを明確に立てていました。

国際遠距離恋愛のタイムリミットを決めたおかげで、目標を持って貯金をしたり計画を立てることができたので不安にならずに遠距離恋愛中の時間を過ごすことができました。

まとめ

以上、「欠けていると国際遠距離恋愛が辛くなる5つの要素」についてお話しました。

しっかりと信頼関係が気づけていてコミュニケーションが円滑な自立心のあるカップルなら、距離なんて関係なく幸せになれると思います!

ABOUT ME
kiyomi
国際恋愛コラム二スト。 中学生の時に初めてアメリカにホームステイに行き、海外でも生きていける事を知る。20歳の時に日本で働く事に希望を見出せずワーキングホリデーに行く。ホームレス生活やヒッピーコミューンでの生活を経験。2017年アメリカ人パートナーと結婚。アメリカ移住の為に配偶者ビザ申請中で国際遠距離別居婚真っ只中。http://andlady.jp/でコラム連載中。